マーケティング監査

弊社は下記のような事を数値化しております:

何パーセントの社員がブランド戦略を理解し、同戦略を信頼しているのか?また、組織の末端に進むにつれ、どの程度その理解度・信頼度が失われるのか?

社員のブランドメッセージ、コア・ストーリー、および資材に対する信念は?また、これらを用いた販売促進の際、顧客折衝がどう行われているのか?

社員の対象患者に対する組織内のアラインメントはどの程度なのか?

現場の社員が実施するコールのうち、何パーセントにおいて顧客を本当にエンゲージしているのか?

顧客との折衝において、どれくらいの頻度で具体的な成果(顧客が折衝から付加価値を見出し明確な行動の変化に同意する)が得られたか?

主な手法について:

実際に何が起こるのかを観察するために、多くの営業担当者と現場へ同行

必要に応じ業務プロセスに微修正を加えながら、システマティック且つ実践的な実施手順を敢行

独立し且つ客観的な視点を持つ現地スタッフがプロジェクトを実施

組織的アラインメントやベスト・プラクティスを数値化した定量的・ベンチマーク結果を成果物として提供

ブランドの想定事項を評価する通常業務の一環として定期的に実施

営業担当者はブランドの損益(P&L)上、最大の条項である

最大限の利益を得ているか?業績の良い社員を如何にして更に伸ばすか?業績が平均的な社員を如何にして業績の良い社員の様に伸ばすか?

Comments are closed.